内科

国民の2000万人が罹患?~緊張型頭痛

頭痛は外来を訪れる患者さんの主訴の中で最も多いものの一つです。当クリニックにも頭痛を訴える患者さんが来院されることがあります。本日は非常に患者数の多い緊張型頭痛の紹介です。 

頭痛のタイプ

頭痛にはさまざまな種類があります。「国際頭痛分類」では300種類を超える頭痛があると言われております。

頭痛は、大きく一次性頭痛と二次性頭痛に分けられます。

一次性頭痛とは

機能性頭痛とも呼ばれ、頭部にはっきりとした原因や疾患が見当たらない頭痛のことです。

一次性頭痛の代表的なものには片頭痛、緊張型頭痛、 群発頭痛があり、本日は、この中でいちばん有病率が高い緊張型頭痛のお話です。

一次性頭痛の日本における有病率は、片頭痛が人口の5〜10%、緊張型頭痛が人口の約20%です。4人に1人の方が頭痛に悩んでいるということになり、とても多い訴えです。

二次性頭痛

他の疾患が原因となり起こる頭痛のことで、脳に炎症や出血、梗塞、腫瘍などが見つかります。二次性頭痛にはくも膜下出血をはじめとする生命を脅かす多くの疾患が含まれます。 

緊張性頭痛

緊張性頭痛は頭部全体や前頭部、後頭部などさまざま場所が痛みます。両側におこることが多いです。

同じ姿勢を長時間取り続けるような身体的ストレスや精神的なストレスが関係していると考えられています。

典型的には頭が圧迫されるような頭痛で、非拍動性です。患者さんは帽子をかぶったような、重い感じ、違和感といった表現をされます。

からだを動かしてしても頭痛が悪くなることはあまりありません。頭痛の強さは軽度から中程度で、日常生活には支障はないことが多いです。

一方で、片頭痛ではからだを動かすと頭痛がひどくなるため寝込んでしまいます。音や光に敏感になるため暗い部屋に閉じこもってこともあります。

緊張10-50台の女性に多いと言われております。持続時間ははっきりしません。なんとなくあったりなかったりします。

随伴症状はたいていの場合にはありません。

治療は鎮痛薬が基本ですが、慢性緊張型頭痛の場合には頭痛の予防薬を使用することもあります。

-内科