雑談

画期的な歯生え薬の治験が始まります!

突然歯を失ったり、生まれつき永久歯が少ない場合、入れ歯やインプラントで対処するのが一般的でした。しかし、将来的には「歯生え薬」という画期的な方法が登場するかもしれません。この新しい治療法が実現すれば、失った歯を再び生やすことが可能になるでしょう。

先天性無歯症という病気をご存知でしょうか?これは永久歯が生まれつき一部または全く生えてこない状態です。この病気に悩む人は、顎の発達にも影響を受けるため、成長とともに何度も入れ歯を作り直したり、人工の歯を顎の骨に固定するインプラント治療を受ける必要がありました。

大阪市北区の北野病院と京都市左京区の京都大病院が中心となった研究チームが、この「歯生え薬」の治験を今年9月から開始することを発表しました。最初のステップでは、虫歯などで一部の歯を失った健康な男性30人に対して投与し、安全性を確認します。その後、2026年頃には、先天性無歯症で4本以上の歯が少ない2~7歳の子どもたちを対象に効果を検証する予定です。

この新しい治療法は、歯の成長を抑えるたんぱく質を妨げる抗体薬を使用します。実験では、先天性無歯症のマウスや犬に投与することで、歯が再び生えてくることが確認されました。将来的には虫歯で歯を失った人々の治療にも応用できる可能性があります。

この画期的な治療法が実用化されることで、多くの人々の生活が大きく変わることが期待されます。とても楽しみな記事ですね!

-雑談

まなびメモをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む