子どもの病気

効果的な咳の対処法:家庭でできる簡単なケア方法

咳がひどくて、夜中に何度も目を覚ましてしまうことがありますよね。特に冷たい季節やアレルギーの季節になると、咳が辛く感じることがあります。

この記事では、家庭で簡単に実行できる効果的な咳の対処法を紹介します。ぜひ実践してみてください。

咳の対処法

水分をこまめに摂る

喉や気道の乾燥を防ぐために、水分をこまめに摂ることが大切です。温かい紅茶、蜂蜜入りの温かい飲み物、または普通の水でも十分です。

水分補給は咳の緩和につながります。

1歳未満の乳児にははちみつを与えない方が良いとされています。

部屋を加湿する

部屋の空気が乾燥すると、咳が悪化することがあります。加湿器を使うか、濡れたタオルを部屋に干して湿度を上げましょう。これにより、喉や気道が快適に保たれます。

上半身を高くする

寝るとき、上半身を30〜45度ほど持ち上げることで、鼻水が喉に流れ込むのを防げます。枕や布団を使って、上半身を高くしましょう。これにより、夜間の咳を軽減できます。

少し大変ですが、立て抱きにしてあげたり、ご家族の方がソファに座って、お子様を抱っこした状態で寝かせたりすることも一つの方法です。

マスクを着用する

寒い季節やアレルギーの季節には、マスクを着用することがおすすめです。

マスクは、冷たい空気や刺激物を吸い込むのを防ぎ、喉や気道を保護します。特に外出時に役立ちます。

喫煙、副流煙を防ぐ

喫煙や喫煙者の周りでの喫煙を避けることも、咳を軽減するために重要です。

子供が咳き込んで何回か吐きました!

子供は大人とは異なり、痰を効果的に排出する能力が発達していないことがあり、咳き込むことで痰を排出しようとすることがあります。咳き込んで吐いた後、呼吸が楽そうで、水分が摂れるようであれば、様子を見てもらっても大丈夫でしょう。

咳き込んだ後は喉が渇くことがあるため、子供に水分を提供しましょう。水を飲むことで喉が潤い、痰の排出がスムーズになります。

咳がひどい場合の注意点

声がかすれ、オットセイが鳴くような咳をしたり、ヒューヒューやゼーゼーと呼吸がしんどそうなときは、すぐに受診しましょう。

咳をしていても、眠れているようであれば、お家で様子を見ていただいてよいと思います。

さいごに

咳がひどいときには、この記事で紹介した対処法を試してみてください。しかし、症状が持続する場合や悪化する場合は、医師に相談することが必要です。家庭でできる対処法を実践して、咳から快適な夜を過ごしましょう。

-子どもの病気