クリニック案内

健康診断

予防接種

オンライン診療

アクセス

求人案内

Web予約

メニュー

閉じる

Page bannerPage banner

脂質異常症(高脂血症)

TOP

内科診療メニュー 脂質異常症(高脂血症)

動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞(←命に関わります)

脂質異常症は食べ過ぎや肥満、運動不足などを原因とする生活習慣病です。症状はほとんどありませんが、とくに問題となるのが悪玉と言われるLDLコレステロールの増加です。脂質異常症を治療せずに放置しておくと、血液がドロドロになり、少しずつ血の巡りが悪くなってしまいます。LDLコレステロールが血管壁にたまり、動脈硬化になりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞になる危険性が高くなります。

脂質異常症の基礎知識

血液中の脂肪の種類

コレステロール
細胞膜やホルモンの材料となる脂肪分です。おもに肝臓で作られています。大きく分けると、LDLコレステロールとHDLコレステロールの二つがあります。LDLコレステロールは血液の流れに乗って、肝臓から全身にコレステロールを送りとどけます。HDLコレステロールはその反対に、余計なコレステロールを肝臓にもちかえる働きがあります。
LDLコレステロールは、血管壁にコレステロールを付着させ、動脈硬化を促すので悪玉コレステロールと呼ばれ、一方のHDLコレステロールは善玉と呼ばれています。

トリグリセライド(中性脂肪)
エネルギー源として使われる脂肪分です。からだの主なエネルギー源は糖分と脂肪分ですが、エネルギーが多すぎるときは、糖分が脂肪にかえられ、余った脂肪分といっしょに中性脂肪として肝臓から血液中に放出され、脂肪組織に蓄積します。

脂質異常症のタイプ

 脂質異常症は、血液中のどの脂肪分が多いかで「高LDLコレステロール血症」や「高中性脂肪血症」などに分類されています。なお、脂質異常症は以前「高脂血症」と呼ばれていました。しかし、善玉のHDLコレステロールは数値が低いほど悪いので、今では「脂質異常症」と呼んでいます。
 いずれのタイプも動脈硬化を促進しますが、より深刻なのは悪玉のLDLコレステロールが高い場合です。ただ、実際はLDLコレステロールと中性脂肪の両方とも高い方が多く、その場合はさらに動脈硬化が早く進みます。また、高中性脂肪血症は動脈硬化ばかりでなく、糖尿病患者さんにおこる細い血管の障害(目の網膜や腎臓の病気など)の進行を速めてしまいます。

脂質異常症の症状

脂質異常症にはほとんど全く症状がありません。健診などで偶然発見されて治療を受けている方もいますが、まったく治療せずにいるヒトも多く、心臓病や脳血管疾患の症状が現れて、初めて事態の重大性に気づくことも少なくありません。

脂質異常症になりやすい人

食べすぎや飲みすぎなどのよくない食習慣や、運動不足、肥満、精神的ストレスなどによって脂質異常症になります。遺伝的なことが関係して
いる場合もあります。若いうちは男性に多く、女性では更年期をこえるとLDLコレステロールや中性脂肪が高くなることが多くなります。

脂質異常症が動脈硬化を引き起こす

脂質異常症では、血液中にあふれている脂肪分が血管の壁にたまっていきます。そして、血管壁にかたまり(プラークといいます)ができてきます。そのプラークによって血管の壁が滑らかさを失い、血液が固まりやすくなったり、血管の壁に炎症がおきたりして、徐々に動脈硬化が進行していきます。血管壁のプラークは、あるとき突然破裂することがあり、その瞬間に血管内は完全に塞がれてしまいます(血管イベントと呼ばれます)。

脂質異常症は血管イベントの重大な危険因子

血管イベントが心臓で発生すると、心筋梗塞や狭心症の発作となります。脳で発生すると脳梗塞です。これらの病気では、命にかかわる発作がおきたり、麻痺の障害が残ることが少なくありません。動脈硬化は脂質異常症以外にも、糖尿病や高血圧、喫煙、加齢、ストレスなどでも進行します。これらを動脈硬化の危険因子といいます。脂質異常症は、とくに強力な危険因子なのです。

脂質異常症を治療しよう

症状がないのになぜ脂質異常症を治療するのかというと、動脈硬化の進行を遅らせて血管イベントの発生・再発を防ぐためです。脂質異常症の人にとっては血清脂質を下げることが、心臓や脳の発作を防ぐことになるのです。

動脈硬化の防止には、脂質異常症の原因となっている生活習慣の改善が、まず必要です。お薬に頼る前に生活習慣を見直してみてくださいね!

食習慣を見直しましょう

 生活習慣の乱れの目安は体重やウエストサイズです。体重やウエストが増えていると感じている方は、まず減量を心掛けましょう。そのために食事を改善したり運動習慣をみにつけることが大切です。当クリニックでは管理栄養士に栄養相談をすることも可能ですのでお気軽に声をかけてくださいね。

薬剤管理

生活習慣を改善しても治療目標に到達しなければ、お薬でコントロールしましょう。例えば、スタチンというお薬では、肝臓のコレステロール合成を抑えるなどの作用があり、悪玉のLDLコレステロールを減らし、善玉のHDLコレステロールを増やす作用もあります。ほかにもコレステロールの吸収を抑えてLDLコレステロールを下げる薬もあります。脂質異常症のタイプに応じて処方されます。

これらの薬でしっかり治療しつづけると、血管壁プラークの縮小したり、安定したりして、血管イベントがおきにくくなります。なお、頻度は大変まれですが、脂質異常症の薬の副作用として、筋肉障害や肝機能障害などが報告されていますので、定期的に血液検査をしましょう。

ほかの動脈硬化危険因子にも注意!

動脈硬化を防ぐため、脂質異常症以外の危険因子にも注意が必要です。糖尿病や高血圧があれば、しっかりと治療をつづけましょう。もちろん、減量や禁煙をすることもとても大切です。

薬って一生飲み続けるの?

目標値を達成した後にお薬を中止すると再び悪玉LDLコレステロールが高くなることが多いので、基本的には一生お薬を飲み続けることがお勧めです。

気長に治療を続けてください

脂質異常症は、一時的な治療で完治する病気ではなく、食事療法や運動療法、薬物療法をつづけることが大切です。適切な治療をつづければ、いつまでも快適に自立した生活ができるということです。脂質異常症が発見されたらラッキーかもしれません。生活習慣をみなすきっかけにしてください!

ご来院の方へ

〒064-0922
札幌市中央区南22西7-1-27アクロスプラザ南22条2F

電話
予約

050-3173-7832

WEB
予約

WEB予約はこちらから

診療時間

9~12時

-

-

14~18時

-

-

-

火、金の14~15時30分、木の9~10時、土の10~11時は1歳未満のお子さんの予防接種優先時間です。

月、水の14~15時は各種健診と睡眠時無呼吸症候群優先時間です。

最終受付は診療終了30分までです。