クリニック案内

健康診断

予防接種

オンライン診療

アクセス

求人案内

Web予約

メニュー

閉じる

Page bannerPage banner

花粉症

TOP

内科診療メニュー 花粉症

花粉症の到来

北海道でも3月中旬を過ぎると気温も上がり春を感じる季節になります。しかし、花粉症のヒトにとっては喜べない季節です。北海道の花粉症は3月中旬からハンノキの花粉が舞うことから始まります。
花粉症は、ある年突然起こり、60歳以前に自然に治ることはほとんどありません。また、今や日本人の10〜20パーセントは花粉症ともいわれています。しかし、医療機関を受診して治療を受けている人はそれほど多くありません。治療を受ければ、かなり症状を軽くできることが可能です。

花粉症の基礎知識

花粉症とは、スギやハンノキ、シラカバなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。医学的にいうと「花粉を抗原とする鼻粘膜と結膜のアレルギー性の病気」です。

ヒトには、からだの外から体内に侵入する細菌やウイルスなどから身を守る反応(免疫反応)があります。その反応が、過敏に強くでてしまうことをアレルギーと呼びます。花粉症は、からだの中にはいってきた花粉をからだから排除しようとする過剰な防御反応なのです。アレルギー反応を引き起こす物質を抗原(アレルゲン)といいます。

花粉症の症状

花粉症の症状は、アレルゲンである花粉が体内に入り込みやすい部分、つまり、鼻や目(結膜)にあらわれます。具体的にいうと、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目や鼻のかゆみ、目の充血、涙目などが出てきます。場合によっては眠気、めまい、頭痛、倦怠感、集中力の低下、イライラ感なども認め、日常生活に支障をきたすだけではなく、精神的にも落ち込んでしまうこともあります。

花粉症の原因

花粉症の患者は毎年増え続けております。以前は青壮年期の発症が多かったのですが、近年では小学生くらいのおこさんの数が増えております。なぜ花粉症になるのか、その確かな理由はわかっていません。地球温暖化の影響で、春の花粉飛散量が増加している車や工場から排出される排気ガスが、花粉を汚染し、人の体内で過敏に反応することなどが想定されています。

花粉症になる人、ならない人

同じように花粉にさらされ、同じように生活していても、花粉症になる人とならない人がいます。その違いの一つには、遺伝による体質的が関係しているといわれています。生まれつきアレルギー反応を起こしやすい体質の人は、花粉症にもなりやすいと考えられます。また、長期間にわたって少しずつ花粉の影響を受け続けたり、汚れた空気の環境で長年生活している人は花粉症になりやすくなりやすいともいわれております。

花粉症の症状の重症度

花粉症の症状の重症度は、花粉の量とからだの中にできている抗体の量、粘膜の過敏性に左右されます。粘膜が過敏になっていれば、花粉の量が少なくても症状が現れてしまいます。

花粉症の時期を快適に過ごす

きちんと治療すれば花粉症の症状はかなり軽快します。花粉症の辛い症状を軽減するポイントを紹介します。今年こそは不快な症状、薬の副作用による眠気に邪魔されない、明るい花粉シーズンを過ごしましょう。

先手必勝!

シーズン前に治療開始しましょう。症状が現れる前に治療を始めることで、鼻粘膜の過敏性が抑えられ、本格的な花粉シーズンにはいっても、症状が現れにくくなります。反対にいったん症状が現れてしまうと、鼻粘膜過敏性はすでに進行しているため、治療効果が現れるのに時間がかかります。

しっかりと服薬する

花粉症の治療に満足されていない方の中には処方されたお薬をきちんと服用していない人がかなりいることがわかっております。症状がひどいときだけ薬を飲み、がまんできそうな日は薬を飲まない人が多いのです。

 花粉症の症状を左右する要素の一つは鼻粘膜の過敏性です。いったん過敏性が亢進すると、簡単には改善しません。毎日きちんと薬を服用していれば、鼻粘膜の過敏性が抑えられ、花粉が大量に飛散する日の症状も軽くなりますので、症状がつらくない日もしっかりとお薬を飲み続けることが大切です。

 患者さんの中には、副作用の眠気のため症状はつらくないときはお薬を控えている方もいると思います。しかし最近は、眠気の副作用が少ない薬もありますので外来でお薬をかえていきましょう。

花粉を避ける

からだへの花粉の侵入をできるだけ減らしましょう。次のような対策が有効です。

1.毎日、花粉情報をチェックする
 天気予報や北海道立衛生研究所から報告される花粉情報でその飛散量を確認し、花粉が多い日は防備体制をしっかりとしましょう。
2.花粉症から身を守る
 マスク・メガネ・帽子が有効です。
3.帰宅時は衣服をよくはたいて室内にはいる
 服についた花粉を家の中に持ち込まないようにしましょう。
4.うがい・洗顔・入浴
 喉や目、あるいは肌や髪に付着した花粉を早めに洗い流しましょう。
5.窓を閉める
 窓から入ってくる花粉はばかになりません。天気が良くて、風が強い日はとくに窓閉めが大切です。洗濯物や布団も、できれば家の中で干しましょう。
6.水拭き掃除、加湿・空気清浄器
 こまめに掃除し、仕上げは水拭きをしましょう。室内を加湿すると、空中に舞っている花粉が下に落ちるので効果があります。

睡眠、ストレス対策

寝不足の日は花粉症の症状がひどくなりますのでしっかりと睡眠とりましょう。また、精神的ストレスが症状に影響することもあるので、なるべくストレス解消を心掛けてください。

ご来院の方へ

〒064-0922
札幌市中央区南22西7-1-27アクロスプラザ南22条2F

電話
予約

050-3173-7832

WEB
予約

WEB予約はこちらから

診療時間

9~12時

-

-

14~18時

-

-

-

火、金の14~15時30分、木の9~10時、土の10~11時は1歳未満のお子さんの予防接種優先時間です。

月、水の14~15時は各種健診と睡眠時無呼吸症候群優先時間です。

最終受付は診療終了30分までです。